ローレル英語絵本店は、書店なんです!!

  • 2017.06.02 Friday
  • 14:29

今日は、私が大好きなお店、アンティークショップのtaoさんが、お二人で遊びに来てくださいました(*^_^*)

 

出雲警察署の近くにおしゃれなお店を構えていらして、ローレル英語絵本店の店内にも

たくさん、使わせていただいてます♪

 

理由あって今は閉店されていますが、場所をかえてまたオープンされるのでこうご期待を♪

 

今までは自分がお客さんの方だったのに、今回はお二人をお客さまとしてお迎えし、嬉し恥ずかし・・・なひとときでしたkyu

 

そして、お話ししている最中に、ふと、こんな質問を受けたのです。

 

「こちらは、予約してうかがう感じですか?」

 

・・・「ん?」

 

そういえば、先日も他のお客さまから

「この絵本は、教室に入っていたら購入できるのかしら?」

 

・・・「むむ?」

 

もしかして、このお店は会員制とか、英語教室が生徒さんに絵本の販売もしている、と思われてる???

 

そう考えると、なんだかいろんなことがしっくりきます。

「英語教室」ってみなさん、思われていたのね。。。

 

ローレル英語絵本店は、「書店」です。

「書店」でお買い物されることと、「英語教室」に入会されることは別のことですニコッ

「書店」には、「親子英語教室」と「小学生英語教室」のレッスン以外の時はいつでもご来店OKです。

書店で「リーディングレッスン」も販売しておりますが、その間もお店は開けておりますし、「リーディングレッスン」を必ず受けなければならない、なんてことはありません。
 

きょう、1つ前のブログにちょろっと登場した、外国の文化には全く興味のなかった私の母(←私の昼休憩中、店番をお願いしています)が、しみじみと言いました。

 

「英語の絵本って、いいもんだね〜」

 

!!!あの、まったく外国に興味のなかった母がそんなこと言うなんて!!

 

たくさんの絵本を自由に眺めて、日本の絵本とは違う絵のタッチに、

読書好きな母(もう70才を超えてますが・・・)は何かを感じたのかもしれませんね。

 

みなさんも、お気軽に英語の絵本を探しにいらしてくださいね♪

 

 

 

コメント
>まこと さま

コメントありがとうございます。
「飛ばし読み」、これがなかなか難しいんですよね!!
完璧主義を抜け出したいのに、あやふやなままだと気持ちが悪い、とも感じてしまうジレンマ・・・
学校とは無関係な場所で英語に触れる機会が増えれば、「飛ばし読み」も楽しめるようになりそうですよね☆彡
母の応援もありがとうございます(*^^*)
  • ローレル英語絵本店
  • 2018/01/09 9:31 PM
 「 聞き流すだけでいいんです」という宣伝がありますが、「飛ばし読みでもいいんです」を習慣にした方が何倍も効果的だと思います。皆、数年から10年間英語教育を受けたわけで、その壮大な無駄を掘り起こし、世代間交流ができれば、などと考えました。広域的展開を期待します。幸せでお忙しそうなお母様によろしく。
  • まこと
  • 2018/01/09 11:01 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM